西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑は正直です。さぼった分だけ雑草が伸びます。時間が足りませんが、頑張って抜いていきます。


むつごろう新聞

トピックス情報

無農薬野菜です。義母が作ったものです。やはり本物の味は違います。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

足のしびれと漢方薬(65歳女性:身長155cm体重63kg)

2011年12月18日

3年位前から足がしびれるようになり、病院で注射を打ったり、整骨院や鍼灸、整体に行ったが改善されない。両足にしびれがあるが、左足のほうがひどく、太もものあたりから足の先までしびれがある。冬場のほうが悪化する。手足はかなり冷えやすい。

体質は、色が白く、胃腸は丈夫だが、冷え性で腰痛がある。また肩もこりやすい。大便は毎日あり、小水は寒いと頻尿になる。食べ物は、甘い物を好むと言われ、ミカンなどもよく食べると言う。

漢方薬の当帰四逆湯を処方。煎じて飲むと、手足がポカポカ温まって良いと言う。さらに飲み始めて3週間が経った頃よりしびれが和らぎ始め、約半年間の服用でしびれは無くなった。

この方のしびれは、体表部に”水毒”があり、それが冷えると縮んで血行障害を起こし、しびれ感をもたらしていた。当帰四逆湯は、体表の水毒を除き、血行を改善することでしびれを改善する。また、この方の場合、水毒の原因となる、甘い物やミカンなどを控えてもらうようにお伝えした。