西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

膝の痛み、静脈瘤と漢方薬(61歳女性:身長154cm体重65kg)

2011年05月27日

1年目より右足の膝が痛む。痛み止めの注射を打ってもらうと一時的には楽になるが、またすぐに痛み始める。また時々水が溜まり、病院でぬいてもらう。冷えたときや雨の日に痛みがひどくなる。

膝をみせてもらうと、痛みのある膝がかなりむくんでいる。また、膝の裏からすねにかけて太い静脈瘤が出来ている。体質は、冷え性で太りやすく、代謝が悪いという。大便は2日に1回、小水は冷えると頻尿になる。甘い物や果物を好む。

漢方薬の防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)を処方。飲みはじめて1ヶ月が経つと、足のむくみがなくなり、膝の痛みも半減した。さらに1ヶ月飲んでもらうと、膝の痛みはほとんどなくなり、体重も3kg落ちた。それから継続してもらうこと約1年、膝の裏にあった静脈瘤もなくなった。