西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

耳鳴りと漢方薬(64歳女性)

2014年04月03日

10年前くらいから、耳鳴りが気になり始めたといいます。音は、主に右耳で鳴り、ガンガンしたり、ジージー鳴るといいます。また、ときどき耳がふさがった感じになり、少し難聴気味だといいます。病院で脳の検査などをしましたが、特に異常はなく、耳鳴りがひどい日は、立ちくらみをよく起こすといいます。

漢方薬の苓桂朮甘湯(煎じ薬)を調合。飲み始めると、お小水がたくさん出るようになり、そのうちに、耳鳴りが軽減、それと同時に、立ちくらみや耳の閉塞感も治っていきました。その後は、半年間の服用で完治されました。

漢方では、立ちくらみや耳鳴りなどを、水毒(すいどく)の仕業と考えることがあります。水毒とは、体に溜まった余分な水のことで、これらが上昇し、耳の内耳や頭に溜まると、耳鳴りやめまいが起こると考えています。苓桂朮甘湯は、上昇した水毒を下ろし、耳鳴りやめまいを改善します。