西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

繰り返すニキビと漢方薬(35歳女性:身長153cm体重39kg)

2011年05月18日

20代の頃より口の周りからあごのライン辺りにニキビが出始めた。患部は赤く炎症が起き、治っても跡が黒く残る。1度病院で抗生物質をもらって服用したら良くなったが、またすぐに悪化した。病院の薬を続けると下痢になるため、漢方薬で体質改善をしてみようとご来店された。

体質は、胃腸が弱く、食べても太りにくい。また、冷え性や生理痛もひどく、生理前にニキビが増える。下痢や便秘を繰り返す。甘いものは好きで、菓子パンやチョコレートなどをよく食べる。

漢方薬は、まず胃腸を丈夫にする帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)を処方。それからニキビに直接塗る紫雲膏(しうんこう)をつけてもらうことにした。それと極力甘いものは摂らないようにしてもらった。1ヵ月後ご来店。ニキビが前よりもかなりひどく出ている。寝る前に紫雲膏をつけると、次の日の朝赤く腫れて膿が出ることもあるという。これは良くなる兆候だということをお伝えし、さらに1ヶ月飲んでもらった。次にご来店されたときは、ニキビの量は半分ぐらいに減っていた。それから約1年間飲み続けてもらったところ、体重が3kg増え、ニキビは全くでなくなった。

この方の場合、もともと胃腸が弱く、ストレスらによってさらに胃腸の機能が低下し、カロリーの高い甘いものなどを食べると、身に付かず、すぐに過剰栄養(毒)となってニキビになっていたと考えられる。胃腸を丈夫にする漢方薬を飲んだことで、大腸の調子も良くなり、体重も増え、ニキビが出来にくくなったと考えられる。