西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

精巣癌からリンパに転移  35歳男性

2017年06月21日

 放射線、抗がん剤治療をしている方。長165センチ、体重60キロ。自覚症状は腰が重くすっきりしない。舌の裏側は静脈が怒張していた。自覚症状は疲れやすく、冷たいものを欲しがる。血圧は普通、目の充血があった。以前から痔の症状がある。

漢方処方は、薬局製剤の自家製八味地黄丸と、田七人参をお出ししました。その後、

15年以上経った今でも、ご健在です。

 漢方薬は、証が合うと時にはすごい力を発揮するものです。勿論すべての方がこの方のようにうまくいくことはありません。ご了承ください。