西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

目の病気と漢方薬

2009年02月23日

【ものもらいと漢方薬】
漢方では、ものもらいを目のカゼと考えますので、初期では葛根湯(かっこんとう)を使います。ただ、慢性化した人は、”血毒”に原因があると考えますので、血毒を治す大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)などを使用します。

【白内障と漢方薬】
白内障の原因は、先天性、外傷性、老人性、糖尿病性などがあります。漢方では、血毒・水毒による目の血行不良が原因で起こると考えますので、それぞれ体質に合った薬を使用していきます。特に糖尿病がある人の場合は、末梢の血液循環が悪くなりますので、早めの服用をお勧めします。

【緑内障と漢方薬】
緑内障は眼圧の亢進により起こりますが、漢方では、血毒性、水毒性、ストレス性の3タイプに分けて薬を使い分けていきます。よく使用する漢方薬は、血毒性には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、水毒性には八味丸(はちみがん)、ストレス性には柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)です。