西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

皮膚がんと漢方薬(70歳男性)

2014年05月28日

70歳の男性。ふくらはぎや背中、腕などに湿疹のようなものができ、病院へ行ったら、癌の前段階のもので、放っておくと、癌に進行するといわれ、漢方のご相談にみえられました。健康食品のアガリクスを飲んでおられましたが、瘀血(おけつ)を除く漢方薬と田七人参の粉末を調合いたしました。服用1ヵ月後、目立った変化はありませんでした。さらに1ヵ月後、患部が黒っぽくかさぶたのようになっていて、ポロポロと落ち始めているいいます。さらに1ヵ月後、患部は、全部剥がれ落ちたといいます。その後は少しのあいだ漢方薬を服用されて来られなくなりましたが、しばらくして知人をご紹介していただいたりしたので、おそらく再発はされていないと思います。