西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

店先の「ヒバの木」です。この木から蝋燭ができます。冬に向けて油の補給に実を鳥が奪い合います。もうすぐ、静岡も寒くなります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

熱中症の漢方薬

2010年06月26日

37歳男性 身長176cm 体重74kg

炎天下の中での畑仕事中、気分が悪くなり、軽い頭痛と吐き気をもよおす。身体を休めると症状は改善するが、また少し動き始めると頭痛、軽い動悸、息切れに襲われる。また、少し動くと顔から異常に汗が噴き出す。また、寝ても疲れが取れない。のどが異常に渇くわりに、飲んでも小水はあまり出ない。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)を服用。身体がすごく楽になり、小水が何度も出る。三日ばかり服用すると疲労感も取れ、異常な汗や動悸、頭痛なども改善した。それ以来、夏場には柴胡桂枝乾姜湯が手放せないという。