西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

月経不順と漢方薬…29歳の女性

2016年09月15日

 元々月経不順でホルモン治療をしていたようですが、ホルモン治療を止めてから、まったく月経が来なくなったといいます。これまでにも、漢方薬(当帰芍薬散、温経湯)を服用してきたといいます。体質は、舌ビラが白く苔があり、肩こり、イライラ、足の冷えがあります。軽い胃炎もあります。

  漢方薬の桂枝茯苓丸を調合。飲み始めて3か月が経っても効果が出ません。そこで漢方薬を小柴胡湯に変えました。1か月後、ずっと出ていなかったおりものがでてきたといいます。さらに1ヵ月後、3年ぶりに月経が来たといいます。そのまま漢方薬を服用。次の周期も月経があり、その後も28~30日周期で月経が来るようになりました。