西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

後鼻漏(蓄膿症)と漢方薬

2014年12月04日

40歳の男性。3年前に風邪をひいて以来蓄膿症になったといいます。症状は、鼻がつまった感じで、鼻水がのどにまわるといいます。抗生物質や漢方薬(粉薬)を服用したそうですが改善がみられず、ご相談にみえられました。

体質は、肩こり、首のこりが強く、鼻の周りや頬を押すと痛むといいます。また、大食漢のほうで、便秘にもなりやすいといいます。

漢方薬の葛根湯加川芎辛夷(別包で大黄)煎じ薬を調合。1か月後、鼻の通りが改善し始め、鼻水がのどにまわるのも半減しているといいます。また、肩こり首のこりが改善してきたといいます。さらに同処方を継続し、約半年間の服用で完治しました。