西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

尿路結石と漢方薬(52歳女性:身長163cm体重54kg)

2011年09月02日

40代の頃より尿路結石ができやすくなり、疲れたり、寝不足が続いたりするときにできる。特に左側の背中やわき腹が痛くなって気付くことが多い。知人より漢方薬で体質改善をすると結石ができにくくなると聞いて御来店された。

体質的には、冷え性寒がりで甘い物を好む。小水は良く出て、冷えると頻尿になる。大便は2~3日に1回。疲れやすくてストレスに弱い。

漢方薬の当帰芍薬散と連銭草(れんせんそう)を一緒に煎じてお茶代わりに飲んでもらうことにした。飲み始めて約1ヶ月、背中からわき腹にかけての痛みがなくなった。その後、お茶代わりに服用しているが、それ以来結石ができることはない。

当帰芍薬散は、冷え性を治すと同時に、瘀血(汚れた血液)を除き、血液を酸性からアルカリ性に傾ける。甘い物は、血液を酸性に傾けるため、摂り過ぎると結石ができやすくなる。また、連銭草は、昔から結石に良く効くと言われている民間薬で、漢方薬と一緒に飲むことで石(結石や胆石など)のできにくい体質になる。