西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑は正直です。さぼった分だけ雑草が伸びます。時間が足りませんが、頑張って抜いていきます。


むつごろう新聞

トピックス情報

無農薬野菜です。義母が作ったものです。やはり本物の味は違います。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

子供の腹痛と漢方薬(7歳男児:身長116cm体重21kg)

2011年12月07日

小学校に入学した頃から、お腹を壊しやすくなった。特に学校に行く前になるとお腹が痛くなり、ひどいとまれに吐くこともある。休日は比較的良い。病院でもらった整腸剤なども飲んでみたがあまり効果が無く、漢方をやってみようと来局された。

顔色は色白で気弱な感じ。風邪も引きやすく、一度引くと長引くことが多い。乗り物酔いをしやすい。ジュース類など水分を多く摂り、食欲は食べるときと食べないときのむらがある。

漢方薬の小建中湯を処方。味は飲みやすいようで好んで飲むと言う。1ヵ月後は、あまり変わらなかったが、飲み始めて3ヶ月が経ったころから腹痛が減り始め、吐くことはほとんどなくなった。また、1年が経過した頃より腹痛はほとんどなくなり、食事も前より多くなって風邪も引きにくくなっているとのこと。現在も服用されているが調子は良好と言う。

子供の腹痛は、生まれつきの体質にも起因するが、精神的な緊張感なども大きい。小建中湯は、お腹の筋肉を柔らかくして、緊張による腹痛を改善すると共に、体を温めて”気”をめぐらし、風邪を引きにくくしたり、虚弱体質を改善する。