西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

夏の畑は暑さで目が回ります。水分補給に暖かいお茶を飲みながら働きますと疲れないものです。暑いときには温かい飲み物が良いことを身をもって知りました。


むつごろう新聞

トピックス情報

静岡の口コミサイト「静岡ナビっち!」 にお客様よりご紹介頂きました。ありがとうございます。

https://www.shizuoka-navichi.net/shop/shop.shtml?s=4893


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

多汗症と漢方薬(28歳の男性)

2015年06月06日

28歳の男性。もともと汗っかきだったようですが、社会人になり汗がより出やすくなってきたといいます。汗は、顔や額、全身からよく出て、寝汗もひどくかくといいます。

体質は、胃腸が弱く、すぐに下痢をして疲れやすいといいます。

漢方薬の黄蓍建中湯(煎じ薬)を調合。飲み始めて1か月後、汗は少し減ったような気がして、疲れやすさが改善しているといいます。そのまま漢方薬を継続。半年がたったころには寝汗はなくなり、下痢もしなくなり、ひどい汗のかきかたはなくなりました。