西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

四十肩(肩関節周囲炎)と漢方薬(39歳男性:身長172cm体重70kg)

2010年12月25日

半年前より、右肩に痛みがあり、夜間や明け方悪化し、寝返りをうてないほど痛むこともある。右腕は肩の位置までしか挙げることができず、首筋も張って右側を向くのもつらいことがある。病院でブロック注射を打ってもらったが、一時的に良くなり、また元に戻った。それで漢方を試してみたいということだった。

漢方薬の独活葛根湯(どっかつかっこんとう)を処方。飲み始めて1ヵ月後には、首筋の凝りは改善してきた。が、肩の痛みは一向に良くならない。次に、汗がでにくいこと、それから水分をよくとることを目安に、二朮湯(にじゅつとう)を処方した。飲み始めて1ヵ月後、肩の痛みが半減し、肩の可動域が広がった。それからさらに1ヶ月間服用すると、肩の痛みがほとんど和らいだ。その後、約3ヶ月で肩の痛みは完治した。