西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

喘息と漢方薬

2010年06月26日

42歳男性 169cm 体重71kg

3年前より風邪の後から喘息発症。夜間から明け方にかけてヒューヒューゼーゼーと発作が起こる。低気圧により悪化。病院からの薬で一時的に良くなるも根治できないため漢方薬で体質改善をしたいと御来局。

体質的にはアレルギー性鼻炎があり、冷たいジュース(サイダーなど)を好む。のどの渇きあり。小水は1日4~5回で大便は1日1回。汗は出やすい。冷えはなし。

漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を処方。飲み始めると、すぐに小水が多くなり、2週間くらいしてから発作が減り始める。1ヵ月後にはほぼ消失。3ヶ月間飲み続けて漢方薬を止めたが、再発は、見られていない。

漢方ではこのような方の体質を”水毒(すいどく)体質”と呼んでいる。これは、冷たいジュースを飲み続けたことにより、身体の中に余分な水が溜まり、それが毒となって喘息を引き起こしていたと考えられる。漢方薬の小青竜湯は、この余分な水をお小水として体外に排出していくことで、喘息体質を改善する。この方にはジュースを飲むのを止めてもらい、適度な運動を心掛けてもらったことで、喘息体質が早く改善されたと思われる。