西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

乾燥肌と漢方薬(20歳女性)

2013年11月27日

20歳の女性。高校生の頃より肌が乾燥するようになり、毎年冬になると、肌がガサガサになり悩んでいるといいます。

体質は、冷え性で寒がり、顔もカサカサして粉をふいています。足のすねは、痒くて掻き傷があります。肩こり、頭痛、大便2日に1回。

漢方薬の薏苡仁湯(煎じ薬)を調合。飲み始めていくと、身体がポカポカしてきたといいます。1ヵ月後、乾燥が良くなってきたといいます。さらに1ヵ月後、粉をふくことがなくなり、肌がしっとりしてきたといいます。それから約1年間続け、冬を迎えましたが、以前のように乾燥することがなく過ごせているといいます。