西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

寒さが厳しい中、当帰の赤ちゃんが顔を出しました。寒い冬を乗り越え大きくなってください。


むつごろう新聞

トピックス情報

定期的にノルウェーのお客様から写真が届きます。お名前はヤスさん。ブログも書いていますからぜひ皆様ご覧ください。

ヤスさんは、盲導犬の教育をしている日本人です。いつも心がこもった、優しい写真が多く、私の気持ちを緩めてくれます。

ヤスさん、いつもありがとうございます。

むつごろう薬局は、国内だけでなく、世界10か国以上の方とスカイプによる漢方相談をしています。是非ご興味がある方は、相談希望のメールをお送りください。

http://info@mutsugoro.co.jp  担当者 薬剤師 鈴木まで

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

下痢と漢方薬(28歳女性:身長158cm体重46kg)

2011年09月27日

3~4年前より下痢をしやすくなった。ひどいときは食べる度に水っぽい下痢が出る。また、お腹が痛くなりやすく、張ってガスもたまりやすい。病院で検査をしたが特に異常は無く、処方された整腸剤を飲んでいる。最近下痢のために食欲も低下気味である。

体質は、もともと胃腸が丈夫なほうではなく、冷え性で貧血気味である。また、食後に手足がだるくなり疲れやすい。漢方薬の六君子湯(りっくんしとう)を処方。飲み始めて1ヵ月後には、大便が徐々に硬くなっていき下痢ではなく形が出来てきた。その後も継続していかれると、次第に下痢は無くなり、大便は1日1回と正常になり、食欲も出てきて普通に食べられるようになった。

漢方では、単に下痢を止めるのではなく、胃腸の働きを改善していくことで下痢にならない体質に改善する。この方の場合、胃腸に”水毒(すいどく)”がたまり、それが原因で胃腸の働きが低下して下痢になっていたと考えられる。六君子湯は、胃腸の水毒を取り除くことで体質を改善していく薬である。