西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

この連休は、畑仕事でした。台風一過、気温は上がりましたが湿度は低く気持ちよい1日でした。当帰は順調に成長しています。


むつごろう新聞

トピックス情報

9月中旬に当帰の花が咲きました。今まで見たことがありません。これも異常気象の影響でしょうか?(9月18日撮影)


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

下痢、腹痛と漢方薬(32歳女性:身長159cm体重48kg)

2012年05月05日

4~5年前より、腹痛、下痢をしやすくなった。大便は日に1~3回で、腹痛がひどくて水様性の下痢のこともあるという。市販の下痢止めや整腸剤を飲んでいたが改善がみられず、漢方薬を試してみたいと来局された。

顔色は白く、貧血様顔貌(がんぼう)。疲れやすくて、お腹にガスが溜まりやすい。いつもお腹が張っている感じがするという。以前はアイスクリームやゼリーなどの冷たいものを好んでいたが、今は気をつけているという。生理は順調で、生理痛はある。手足は冷えやすい。

漢方薬の大建中湯と人参湯を1日おきに処方。飲み始めていくと、次第にお腹が温まり、ガスがたくさん出て、腹痛、お腹の張りが改善。大便も固まってきたという。約1年間飲み終えた頃には下痢はすっかり無くなり、ガスも溜まらなくなった。これで安心して外出できると喜ばれていた。