西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑は正直です。さぼった分だけ雑草が伸びます。時間が足りませんが、頑張って抜いていきます。


むつごろう新聞

トピックス情報

無農薬野菜です。義母が作ったものです。やはり本物の味は違います。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

下剤で腹痛がある便秘と漢方薬(15歳女性:身長158cm体重48kg)

2011年12月10日

中学生になった頃より便秘気味になる。市販の便秘薬を飲むと、お腹が張ったり痛くなり下す。またガスが溜まりやすい。知人に漢方薬を勧められ、来局された。

体質は、冷え性で寒がり、胃腸が弱く疲れやすい。生理は順調だが、生理痛はひどく鎮痛剤を必ず飲む。大便は5~7日に1回くらい。小水は近い。甘い物は好き。ニキビも出来やすい。

漢方薬の当帰建中湯を処方。飲み始めて少ししてから、2~3日に1回大便が出るようになった。下痢や腹痛は起こらず、ガスもたまらない。そのまま同処方を継続。その後、生理が来たが、生理痛も軽くなり、鎮痛剤を飲まないでも平気だと言う。また、冷え性も改善され、約1年間漢方薬を続け、便秘症は改善された。

この方の便秘は、腸の働きが落ちているために起きていると考えられる。この場合、市販の下剤を飲むと、刺激が強すぎ、腹痛を伴って下痢をする。この方の腸は、おそらく、アイスクリームやチョコレートなどをよく食べていたため、働きが悪化していたのだろう。当帰建中湯は、腸を温め、血液循環を改善し、動きを良くする。また、腸や子宮のまわりの筋肉を和らげて、腹痛や生理痛を改善する効能もある。