西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

当帰の花が満開です。今年の畑は畑一面当帰の装いです。当帰は女性の力強い味方。無農薬で作ればもっと良いと思い、15年前から作り始めました。少しでもお役に立てれば・・・そんな思いです。


むつごろう新聞

トピックス情報

静岡の口コミサイト「静岡ナビっち!」 にお客様よりご紹介頂きました。ありがとうございます。

https://www.shizuoka-navichi.net/shop/shop.shtml?s=4893


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

メニエール病と漢方薬(42歳女性)

2013年05月28日

42歳の女性。1年くらい前に、右耳にジージーという耳鳴りとグルグルと回るメマイが起こり、病院でメニエール病と診断されたという。その後、耳鳴りとメマイが収まったが、また1週間ほど前に耳鳴り、耳のつまり、回転性のめまいに襲われ、漢方薬を試したいと来局された。

性格は神経質でささいなことが気になるという。肩こり、頭痛あり。胃は弱いほうだという。

漢方薬の茯苓沢瀉湯と小柴胡湯を処方。2週間後、回転性のメマイは収まったという。さらに2週間後、メマイは起こらず、耳のつまりもなくなったという。その後は小柴胡湯のみ処方。飲み続けるうちに、耳鳴りもほぼ聞こえなくなるほど改善したという。また、服用し始めて1年が経つが、再発は見られていない。