西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

ドライアイと漢方薬(30歳女性:身長162cm体重50kg )

2011年12月28日

社会人になった頃より、目が乾燥し始め、目薬をささないとショボショボしてコンタクトも付けられないという。病院で検査をしたが、シェーグレン病ではないという。

体質は、冷え性、寒がりで、唇や身体も乾燥しやすい。特に冬場は悪化する。顔色は、やや赤ら顔で、大便は3~4日に1回、小水は日に7~8回。生理は順調で、生理痛はあるため、1日目と2日目には鎮痛剤を飲む。チョコレートやアイスクリームをよく食べる。肩こり、頭痛あり。

漢方薬の温経湯を処方。飲み始めると、大便が毎日通じるようになり、お腹や足がポカポカしてきたという。その後も同処方を継続してもらうと、3ヶ月が経った頃から目の乾燥が気にならなくなったという。また、その頃より、唇や肌の乾燥も改善され始め、約1年で、目と身体の乾燥はほぼ改善された。

この方の場合、チョコやアイスの摂り過ぎで経(子宮や卵巣等)に瘀血(おけつ)が溜まり、血行が障害されて体中が乾燥していた。温経湯は、経を温める薬で、これにより瘀血が取れ、血行が改善されて乾燥が潤ったと考えられる。