西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

タンパク尿と漢方薬(51歳女性)

2014年05月15日

51歳の女性。3年くらい前よりタンパク尿が出始めたといいます。尿中アルブミンは徐々に増えてきて、現在は380㎎まで上がり、心配になって漢方のご相談にみえられました。体質は、148cmの体重65kg とやや肥満気味で、血糖値もやや高く、血圧も160~90あり、降圧剤も飲んでいます。

漢方薬の小柴胡湯(煎じ薬)を調合しました。飲み始めて1ヵ月後、尿中アルブミンが200㎎まで下がりました。さらに1ヵ月後、尿中アルブミンが25㎎と正常域に入りました。その後も定期検査をされていますが、特に問題ありません。