西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

ガス腹と漢方薬…27歳の女性

2016年06月16日

  社会人になってから、ガスがよく出るようになり、悩んでいるといいます。便秘はないようですが、腹痛、軟便気味のことはあります。体質は、冷え症で、寒がり、脂っこいものを食べても下痢をするといいます。

 漢方薬の大建中湯を調合。飲み始めて1か月後、ガスの出る量が少し減ってきたといいます。さらに服用して3か月後、ガスの量が半減し、冷え症も良くなって、軟便になることがなくなったといいます。そのまま漢方薬を継続すること約1年、ガスはほぼたまらなくなり、元の状態に戻ったといいます。