西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

店先の「ヒバの木」です。この木から蝋燭ができます。冬に向けて油の補給に実を鳥が奪い合います。もうすぐ、静岡も寒くなります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

アレルギー性結膜炎と漢方薬…8歳の男児

2016年05月19日

 1年前より、春先になると目が充血し、ひどく掻くようになったといいます。抗アレルギー薬を飲むと多少の改善はみられるようですが、なかなか治らず、漢方のご相談に見えられました。体質は、ジュースをよく飲み、鼻炎もあります。他は健康で特に問題はありません。

  漢方薬の小青龍湯を調合。飲み始めて2週間後、目の充血は軽くなり、掻く回数も減っているといいます。さらに2週間後、目の充血、痒み、鼻炎がほぼよくなり、助かっているといいます。しばらく漢方薬を継続し、現在は春先だけ飲んでいますが、飲んでいる間は結膜炎、鼻炎がともに良いといいます。