西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

寒さが厳しい中、当帰の赤ちゃんが顔を出しました。寒い冬を乗り越え大きくなってください。


むつごろう新聞

トピックス情報

定期的にノルウェーのお客様から写真が届きます。お名前はヤスさん。ブログも書いていますからぜひ皆様ご覧ください。

ヤスさんは、盲導犬の教育をしている日本人です。いつも心がこもった、優しい写真が多く、私の気持ちを緩めてくれます。

ヤスさん、いつもありがとうございます。

むつごろう薬局は、国内だけでなく、世界10か国以上の方とスカイプによる漢方相談をしています。是非ご興味がある方は、相談希望のメールをお送りください。

http://info@mutsugoro.co.jp  担当者 薬剤師 鈴木まで

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

めまいと漢方薬

2010年06月26日

49歳女性 身長157cm 体重60kg

3~4年前より、めまいがある。特に春先や秋口などの季節の変わり目に悪化。立ち上がったときや頭を起こすとフラフラし、ひどい時は天井がくるくる回り、寝返りも打てないほどになる。性格的には神経質で、不安になりやすい。

今回も、ふらつきがあるということで、漢方薬の苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)を処方。飲み始めてすぐに、小水がたくさんあり、ふらつきが改善。それ以降、少しふらつきがみられると苓桂朮甘湯を服用し、めまいは起きていない。

漢方では、メマイの多くを”水毒(すいどく)”と考えている。水毒とは、身体に溜まる余分な水のことで、不安やあせりが強いタイプは、水毒が頭や耳にたまり、頭痛やメマイを起こすことがある。苓桂朮甘湯は、頭に上った水毒を、小水に導くことで、メマイや頭痛を治す。