西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

まぶたの痙攣と漢方薬(45歳女性:身長163cm体重53kg)

2012年08月29日

以前より、左のまぶたが時々痙攣していたが、1年前より頻繁になり始めたため病院へ行ったが脳検査では異常がなかったと言う。病院で処方された痙攣止めを服用したが効果がなく、知人に漢方薬を勧められ来局された。

体質は、冷え性で肩こり、夜ぐっすり眠れない。性格は細かいことが気になるほうで、人に言われたことが気になると言う。また、ときどき胃がもたれたり、みぞおちが硬くつかえることがある。疲れやすい。

漢方薬の抑肝散加陳皮半夏を処方。飲み始めて1ヶ月でまぶたの痙攣が半減。また、よく眠れて疲れにくくなり、約半年で完治した。