西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

店先の「ヒバの木」です。この木から蝋燭ができます。冬に向けて油の補給に実を鳥が奪い合います。もうすぐ、静岡も寒くなります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

のどのつまりと漢方薬

2010年06月26日

33歳女性 身長154cm 体重50kg 

1年前よりのどのつまりを感じる。病院でみてもらったがどこも異常はない。性格はまじめで内向的。時々眠れないことがあり気分が落ち込みやすい。不安感は強い。

漢方ではのどのつまりを咽中炙臠(いんちゅうしゃらん)と呼んでいる。これは、気分の停滞やうっ積が、水毒(水の停滞)を連なって、のどに”痞(つか)え”という形で現れている。神経質で内向的な人に起こりやすい。漢方では、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という薬をよく使う。この方にもこの薬をお出しし、約3ヶ月でつまり感は完全に無くなった。中には息ができなくなるほど苦しむ人もいる。