西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

寒さが厳しい中、当帰の赤ちゃんが顔を出しました。寒い冬を乗り越え大きくなってください。


むつごろう新聞

トピックス情報

定期的にノルウェーのお客様から写真が届きます。お名前はヤスさん。ブログも書いていますからぜひ皆様ご覧ください。

ヤスさんは、盲導犬の教育をしている日本人です。いつも心がこもった、優しい写真が多く、私の気持ちを緩めてくれます。

ヤスさん、いつもありがとうございます。

むつごろう薬局は、国内だけでなく、世界10か国以上の方とスカイプによる漢方相談をしています。是非ご興味がある方は、相談希望のメールをお送りください。

http://info@mutsugoro.co.jp  担当者 薬剤師 鈴木まで

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

Natureへの挑戦

2008年08月27日

近年では、東洋医学・漢方薬に対する認知が社会的に拡がりをみせています。しかしながら、まだまだ漢方薬というと「神秘の力」と称されたり、一種のオカルト的なイメージを持たれている方が少なくないのが現状です。

私たちは、漢方薬が西洋医学で処方される薬品と並んで、症状に応じて上手に使い分けられることが、ごくあたりまえの日常になることを目指して、漢方薬の効能を科学的に立証しようと、日々研究を続けています。特に、西洋医学では治療の難しい、不妊症や、腎臓・肝臓病、あるいはガンなどに対する効果分析に力を入れています。

この研究の中で得たデータをもとに、世界的権威であるイギリスの科学誌『Nature』に、論文投稿を続けております。さすがに世界的権威の壁は厚く、なかなか本誌掲載とまでは至りませんが、こうした活動を続けていくことが、漢方薬の世界、ひいては、お客様ひとりひとりに貢献することに繋がっていると信じております。


nature Japan Webサイト