西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑は正直です。さぼった分だけ雑草が伸びます。時間が足りませんが、頑張って抜いていきます。

むつごろう新聞

トピックス情報

無農薬野菜です。義母が作ったものです。やはり本物の味は違います。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

漢方勉強会無門塾発表(2015年4月‐2016年3月 北里大学)

2015年06月16日

畑の中の三陰三陽(少陽病) 無門塾 鈴木 寛彦 少陽病 卯月。1ヵ月を要し柴胡に漸く芽がでた。赤紫色の見るからに繊細な葉っぱ。これから始まる強敵雑草との戦いがとても心配である。 皐月。気温が上昇し、牡丹、芍薬、当帰の順番で開花となり、畑では一番色鮮やかな季節となる。雑草の・・・

・・・続きを読む

漢方勉強会無門塾発表(2014年4月‐2015年3月北里大学)

2015年04月16日

薬徴提要(やくちょうていよう)の講義 はじめに 梅の花がほころぶころに当帰加工の作業が始まる。無農薬、有機肥料の当帰作りを本格的に始めて今年で11年目になる。過去10年間の当帰のエキス含量は、平成16年43.6%、17年40%、18年36%、19年52.2%、20年46.5%・・・

・・・続きを読む

静岡市徳川家康公400年祭講演(2014年2月 静岡市葵区)

2015年03月16日

どうして長生き家康公 はじめに 江戸時代で75歳まで健康で長生きをし、子沢山に恵まれた家康公の秘訣は、鷹狩りで足腰を鍛え、麦飯を良く噛んで歯を鍛え、秘伝の漢方薬をのんでいたこと。 その秘伝の漢方薬の1つが八之(はちの)字(じ)なのです。八之字は中国、宋の八代皇帝「徽宗(きそ・・・

・・・続きを読む

日本漢方協会学術発表(2013年5月19日 慶応大学)

2013年05月20日

漢方トピックス 「畑の生薬」 はじめに 梅の花がほころぶころに当帰加工の作業が始まる。無農薬、有機肥料の当帰作りを本格的に始めて今年で10年目になる。過去9年間の当帰のエキス含量は、平成16年43.6%、17年40%、18年36%、19年52.2%、20年46.5%。21・・・

・・・続きを読む

漢方勉強会無門塾発表 (2013年4月12日 北里大学)

2013年04月17日

お米のご飯と漢方薬は炊(煎)いて始めて味(効)が出る 炊(煎)くということ 四ヶ月の間陰干にした当帰を、42℃のお湯で洗い整えて(湯もみ)、乾燥機に入れて8時間ほど経つと表面だけが乾いて中に水分が残る。握ってみるとスポンジ様触感で、まだ中に水分がたくさん残っている。その37時・・・

・・・続きを読む

漢方勉強会 無門塾発表の内容

2012年06月13日

コウノトリ早く来い(無門塾発表) (2012年6月10日北里大学) むつごろう薬局 薬剤師 鈴木 寛彦 証(しょう)を見る 不妊症をはじめ婦人科疾患で使われる漢方薬の多くが『金匱要略』からの薬方であるため、まず大局的に陰性瘀血と陽性瘀血に分けて考えている。(勿論、『傷寒論・・・

・・・続きを読む

漢方基礎講座の報告

2011年03月30日

2月27日(日) 大阪の栃本天海堂主催の漢方基礎講座にて講義をいたしました。大阪大谷大学薬学部谿忠人先生、医療法人聖光園細野診療所の田中敬吾先生と漢方の名医の後の話は緊張でいっぱい、体が引き攣ってしまいました。写真の顔も緊張していますね。遠くから多くの漢方の先生がお越しいただく中・・・

・・・続きを読む

Fine2008「不妊症漢方相談」のレポート

2008年11月10日

11月2日(日)、東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区)で現在、過去、未来の不妊体験者を支援する会であるNPO法人Fine(ファイン)主催のFine祭り2008~ひとりじゃないよ!不妊 仲間がいるよ!サポーターもいっぱい!~に薬剤師 鈴木と伏見が展示コーナーで無料漢方相談をさせてい・・・

・・・続きを読む

「漢方で健康な身体に」の講演

2008年08月27日

2008年5月12日 むつごろう薬局白井憲太郎が「未来の子供の為にあなたができること・・・」を大きなテーマに講演をさせていただきました。 今、女性の身体に何が・・・冷え性・生理不順・不妊症・流産癖などの体質を改善するには? そして、アトピー性皮膚炎・喘息・花粉症などのアレル・・・

・・・続きを読む

東邦大学薬学部での講義

2008年08月27日

去る11/14(水)、21(水)、28(水)、12/5(水)、12日(水)薬剤師鈴木が東邦大学薬学部で講義を行いました。講義内容は、「風邪」「婦人病」を中心として、具体的な処方決定までをお話させていただきました。講義を始めて5年目を迎え、学生に漢方を教える難しさから、少しずつ楽し・・・

・・・続きを読む

1 / 41234