西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

本年もよろしくお願いいたします。写真は薬草園の漢方生薬「レンギョウ」です。

レンギョウを植えて7年が経ちます。これから黄色い可愛らしい花を付けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方肥料を今年も畑にまいています。昨年、漢方の残り滓は、とても薬草の成長が良くなります。今年も頑張って撒いていきます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

頻尿(午後)と子宮内膜症 24歳 女性 

2017年03月02日

 やせ方、神経質、イライラ、気が沈む、不安感 思い悩む、人に気を使う、悲しむ、手足の冷え、疲れやすい、あくび、食後眠い、低血圧、大便1日1回、小便1日5-6回、残尿感、頭重、めまい、立ちくらみ、腹冷(冷え腹で下痢)生理不順、生理痛、ニキビなどの多くの症状でご相談されました。煎じ薬の桂枝茯苓丸加薏苡仁(ベトナムNo1桂枝4g、北鮮茯苓4g、安徽牡丹皮4g、陜西桃仁4g、自家製芍薬4g、タイ薏苡仁20g)服用10日で、半年間の頻尿が改善。にきびがきれいになってきました。めまい、立ちくらみは少し改善、疲れが良くなり、子宮内膜症の検査はこれからです。現在も継続中。