西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

今月のおめでた(H22.09.08)

2010年09月08日

35歳女性 身長154cm 体重41kg

6年前より不妊治療を始める。体外受精も6回ほど行い、4回着床したが、すべて出血し流産。

顔色は、青白く、貧血っぽい感じがある。体質を伺うと、胃腸が弱く、水分を好み、一日に2リットル近く水を飲むと言う。漢方では、過剰な水分は身体を冷やすと考えるため、まずこの2リットルの水を半分ぐらいまで減らしてもらうことにした。また、身体がむくみやすく、フラフラ感や頭重感があるという。漢方薬はまず、胃腸の水分を除く六君子湯(りっくんしとう)を処方し、つづいて身体を温めていく当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を交互に飲んでもらうことにした。すると、だんだん身体の調子が回復し、冷えも改善されて、フラフラ感や頭重感もなくなってきた。その後約4ヶ月が経った頃、体外受精をされて妊娠反応が陽性になった。そこで流産防止効果がある芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)を処方。今回は流産することなく無事出産できた。