西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

今月のおめでた(39歳男性不妊:身長175cm体重90kg)

2012年04月17日

結婚して3年が経過するが子宝に恵まれず、病院へ行ったところ、ご主人様の精子数が2500万個/ml、運動率が15%で、自然妊娠は難しいと言われたとのこと。AIHを3回ほどやったが効果がなく、漢方薬で良くならないかとご相談にみえられた。

ご主人様の体質は、暑がり、汗っかきで大食漢。甘い物も好きで肉料理も好む。大便は日に1~2回。お酒は晩酌にビールを2~3本飲む。運動はしていない。お腹は太鼓腹のように張っている。

漢方薬の大柴胡湯と大黄牡丹皮湯を処方。始めの1週間は下痢が続いたが、その後は大便が整い、お腹も少しずつへこみ始め、3ヵ月後には体重も5kgほど落ちた。食事も野菜中心に変え、甘い物も食べていないとのこと。そのまま服用すること3ヶ月、病院で精子の検査を行ったら、精子数7000万個/ml 、運動率が45%に上がっていた。そのまま漢方薬を継続すること4ヶ月、無事自然妊娠された。その後もお腹まわりがすっきりしたと喜ばれ、漢方薬も引き続き服用されている。