西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

今月のおめでた(橋本病の女性:33歳)

2014年06月13日

33歳の女性。29歳の時に体調不良で病院へ行ったら、橋本病と診断されたといいます。その後、ひどい状態は治ってきたようですが、慢性化して血液検査での数値が、FT4が0.69ng/ml(0.8~1.7ng /ml)と低いため、経過観察しているといいます。赤ちゃんは、2年前より考えているようですがなかなか授からず、甲状腺のことも心配で、漢方で体質改善をしたいと来局されました。

体質は、身長160cmで体重48kgと少しやせていて疲れやすく、低血圧気味だといいます。肩こり、目の下のクマがあり、冷え性、便秘、月経痛があります。漢方薬の帰耆建中湯を調合。飲み始めて1ヵ月後、大便がよく出て、身体が温まっているといいます。さらに1ヵ月後、冷えがよくなり月経痛もなかったといいます。さらに2ヵ月後、甲状腺の血液検査でFT4が0.98ng/mlまで上がっていたといいます。その後も漢方薬を継続され、飲み始めて約1年、自然妊娠されました。妊娠後も漢方薬を継続し、甲状腺ホルモンにも問題がなく、無事にご出産されました。