西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

漢方薬の効くメカニズム その1

2017年08月09日

皆さんこんにちは。

 2017年度の大学講義も終わりホッとしています。今年は4時間超えの長い講義となりました。学生の皆様にはご迷惑をおかけしましたが、大変充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございます。

 さて、今回のお話は、大学で講義をした内容を元に漢方の効くメカニズムを書いてみることにします。少しボリュウムがありますので、数回にわたって連載をしてみたいと思います。決して難しい内容ではありませんので、ぜひ最後までおつき合いください。

 

漢方薬の味はいかがですか

 皆様が今飲んでいる漢方薬、お味はいかがでしょうか。甘いですか、苦いですか、草根木皮で作られたものですから、やはり美味しくはないですよね。私も20年間服用していますが、初めのころは飲むことが苦痛でした。それが今ではお茶がわりに飲めています。実に不思議です。同じ漢方薬なのに日によって味が違って感じることはありませんか。かぜの引きはじめに使う「葛根湯」はどうしても苦手の味ですが風邪を引いた時には普通に飲めるからこれもまた不思議なことです。舌の表面には味覚を感じ取る場所があるのですが、必要な漢方薬を吸収しやすくするために、不味く感じる場所を鈍くさせているのかもしれません。このことは脳の働きにも似ていて、興味があることは覚えも早いが、嫌いな勉強は記憶できないことに似ています。漢方を選ぶ上でも以外と大切な感覚です。

・・・・つづく