西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

ちょっと気になること  -かぜ-

2017年11月08日

 私たちは1年間に10回以上のかぜにかかると言われていますが、敵は何者でしょうか。ウィルスです。普通のかぜは、アデノウィルスやライノウィルス、パウインフルエンザウィルス、RSウィルスなどが原因菌です。

 インフルエンザウィルスに感染した時の症状は皆様が経験ずみのように、高い発熱、関節痛等の強い症状がでます。

 それではインフルエンザウィルスは何を栄養にしているのでしょうか。細菌はまわりにある養分を礎に分裂増殖していますが、ウィルスは人の細胞内の核物質をもとに、1個のウィルスが感染すると、24時間後には100万個になり臨床症状が出ると言われています。

 ではウィルスはどのように人に侵入するのでしょうか。空中に浮遊しているウィルス(地上から1.5mくらいの所が一番密度が高い)は粘膜にばい菌の力をかりながらひっつき、細胞内に入るのです。そして一度自分を分解し、人の核物質を利用して一度に多数の分身を作るのです。その後ウィルスは細胞脱出をする為に、酵素(ノイラミダーゼ)を発動し、細胞を壊して増殖するのです。壊れた細胞はバイ菌の栄養となっていきます。

また、ワクチンを作ることができるウィルスは卵などで培養することが必要条件となりますので、ワクチンを作れないウィルス(人の細胞内のみで増殖する)がほとんどです。感染によって得られる抗体は一過性で一年以内に消滅します。

まだ人には見つかっていないトリウィルスがもし鳥や豚を通し突然変異を起こし人に感染するようになったら人類の叡智は打ち勝つことができるのでしょうか。