西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑は、当帰で埋め尽くされている感じです。今年で3年目の当帰、10月から撒いた「出がらし漢方薬堆肥」のおかげでしょうか?大変よく育っています。

今年は、もう当帰の花が咲いています。例年より一ヶ月早い開花です。

この時期の雑草は、比較的簡単に抜けますが、ここで手を抜くと大変です。

 

むつごろう新聞

トピックス情報

ヒトデのように見えます。これは、牡丹の花が終わったとの種を包む房です。この中から黒い種が出てきます。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

アレルギーは腸から治す・・医師の林隆博著

2018年05月07日

ベストトリム  生まれてくる赤ちゃんがアトピーにならないために、できることがあるとしたら、したいと思いませんか? それは妊娠中に「ベストトリム」を摂取し、お母さんの腸内細菌を整えておくことです。ベストトリムは1日2包でブレーベ菌420億個とアシドフィルス菌50億個を摂ることができます。   普通分娩・・・

・・・続きを読む

簡易梅花針 

2018年04月02日

梅花鍼という鍼があります。先端に9本の鍼がついていて、それでトントンと叩く鍼です。円形脱毛症の時など、中心部のお灸をしたり、梅花針で軽度の刺激を与えます。自分でお灸をするのは難しいですが、トントンと叩くのは簡単にできますね。梅花針を専門学校の時に、中国研修に行った同級生からお土産でもらったのです・・・

・・・続きを読む

花粉症と漢方薬 その3

2018年03月28日

花粉症が漢方薬で改善された例  10年以上も花粉症に苦しんでいる35歳の女性。この時期はくしゃみ、鼻水だけでなく喉の痛みで辛くなる状態でした。平素虚弱体質で、疲れやすく、冷え性ですぐ横になりたがる痩せ型の体型。例年耳鼻科の内服と点鼻薬を使用していました。この方の特徴は、体が冷えやすい事と、冬に・・・

・・・続きを読む

花粉症と漢方薬その2

2018年03月16日

花粉症は水毒(すいどく)から起こる  漢方ではこのように考えます。水毒というのは、東洋医学特有な考え方で体の中に余分な水が溢れて、病気を起こす現象です。花粉症では特に鼻の粘膜の辺りに汚れた水が溜まり症状が出ると考えます。その汚水を「桂(けい)枝(し)と麻(ま)黄(おう)」という生薬を使って汗として・・・

・・・続きを読む

花粉症と漢方薬 その1

2018年03月07日

皆様こんにちは。  今回は花粉症について書いてみますね。今や3人に1人が花粉症を患っていると言われています。気候のよいこの時期に花粉症さえなければ、どれほどに気持ちが良い事かと。受験生にとっては尚更です。   症状は、クシャミ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに始まり、咳に苦しむ方や、皮膚が痒くなる方・・・

・・・続きを読む

蒸しタオル  

2018年02月19日

(写真は、当帰のかさがけ)  株主優待生活を少しだけしています。ポイントで商品を選べる会社もあり、本命商品で余ったポイントでレンジでチンするアイピローをもらいました。温かいのですが、重みがありそれが気になりました。約160gあります。眼にも少し重みがかかります。鍼灸学校で習った、アシュネル反射を思・・・

・・・続きを読む

希言は自然なり

2018年02月01日

 今年は開局25年目の年となります。ここまで長く続けられたのも皆様方のお陰と心から感謝しております。25年前に健康に生きる秘訣を「むつごろう健康五ヶ条」にまとめたことを思い出します。その五番目に「真の健康とは心と身体が調和し常に自然体であること」と書きました。なんとなくその意味はご理解頂けると思・・・

・・・続きを読む

はこにわ薬草畑

2018年01月15日

(写真は、当帰の種。今年は12月に種を付けた株がありました。)  昨年の薬草畑は不思議な事が起こりました。11月下旬にも関わらず7月に花開く「当帰の花」は咲いていました。これも自然界の変化なのでしょうか、それともたまたまでしょうか。何か理由があるはずです。さて、今年の畑は少し賑やかになるかも知れま・・・

・・・続きを読む

右や左の半身に偏った症状

2017年12月22日

皆さんこんにちは。今年の冬はインフルエンザが流行しそうな兆しがありますので、身体をよく暖めて睡眠をしっかりとってくださいね。  さて今回は、少し変わったお話をさせていただきます。漢方相談をしていますと、右や左の半身に偏って症状が出ている方がいます。例えば、頭痛、肩こり、腰痛、足のしびれが右半身に多・・・

・・・続きを読む

伊勢の萬金飴

2017年12月07日

  年に一度、大学の仲間で旅行に出かけます。今年は伊勢神宮に行ってまいりました。伊勢は、江戸時代から340年続く「伊勢の霊薬、万金丹」があります。全国的に有名な胃腸薬です。その16代当主とお話する機会を頂きました。とても親切に歴史から苦労話まで聞かせて頂きました。成分は阿仙薬、桂皮、甘草、丁子、木香・・・

・・・続きを読む

1 / 1312345...10...最後 »