西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

無理せず、無駄せず、継続する

2010年01月15日

むつごろう健康5か条の掲げた言葉に、「無理せず、無駄せず、継続する」があります。手前味噌ですが、柔道を始めて1年半が経ちます。一度は継続を諦めましたが、なんと先月一級試験に合格いたしました。41歳のスタートは、思ったより厳しく、張り切って無理をしたり、無駄に動き過ぎると翌日に腕が痛み、練習の継続が難しくなります。その教訓から無理の体勢を避け、相手の力を借りて技をかけるように心がけています。私流継続の秘訣です。話は変わりますが、人は誰でも自分をよく見せたいもので、はじめてあった人に無理してよいところを見せてしまうと、継続してお付き合いしていくのが大変になってしまいます。無理は禁物、自分のペースで。また、私の漢方の師、田畑隆一郎先生のお宅にお邪魔したときのことですが、家の中には必要最低限のもの以外はほとんど無い状態で、奥様がおっしゃるには先生は要らないものは全て捨ててしまうとのことでした。食事も粗食を実践しています。全てにおいて無駄がないのです。80歳になっても鮮明な先生の頭脳の秘訣がよく分かりました。実は、皆様が服用されている漢方薬も、体調を整えるための薬草が数種類、無駄なく入っています。長い年月研究し尽くした結果で、同時にその成分は決して人体に無理が無いように出来上がっています。3000年間継続されている秘訣がここにあります。生活環境が変化した現代社会の中では、漢方薬の効きがはっきりしない場合もありますが、無理なく継続していかれることが大切と考えております。

今年1年よろしくお願いいたします。

薬剤師 鈴木 寛彦