西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。

むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

主婦の友「赤ちゃんが欲しい」の掲載

2017年11月22日

今回のテーマは、「授かりやすい体づくりを」です。 現在妊活中の藤川様に来ていただきご相談をさせて頂いたものです。 P78 ,79に掲載いただきました。 ご興味がある方は、書店にてお求めください。 ・・・

・・・続きを読む

漢方勉強会・無門塾 「膠飴」について

2017年11月13日

平成29年度・無門塾(第21回11月)北里大学薬学部(港区白金)【平成29年11月12日13時30分〜14時00分】                                                                                           ・・・

・・・続きを読む

NHK BSプレミヤム 「偉人たちの健康診断」に

2017年11月08日

 今までもNHKより数回ほど取材を受け、いつもその内容の深さに驚かされていました。漢方の分野にも大変詳しく、逆に教わることも多々ありました。また、いつも大変興味深いテーマで質問がきます。取材を通して多くの歴史を学ばせていただいております。 今回のテーマは、「忍者」です。忍者の食養生、使用していた漢・・・

・・・続きを読む

手作り「便秘薬」が出来上がりました

2017年10月16日

薬局には、薬局で製造できる手作りのお薬があります。 今回作りましたのは、むつごろう薬局でも20年間作られ続けている漢方便秘薬です。常連のお客様も沢山いらっしゃいます。  大黄、甘草、芍薬、センナが入っています。便秘にともなう、頭痛、のぼせ、肌荒れ、吹き出物、食欲不振、腹部膨満感、腸内異常発酵、痔・・・

・・・続きを読む

医学専門誌「漢方の臨床」への投稿

2017年10月04日

 2017年9月(第64巻・第9号2017)東亜医学協会の専門誌に原稿を投稿させていただきました。 内容は、前回から引き続き「畑の中の三陰三陽(少陰病)」です。 特にこの度は、少陰病と太陽病が表裏の関係にある理由を創造的な考察として書かかせて頂きました。独断と偏見の謗りは免れないと思いますが、ご・・・

・・・続きを読む

畑の面々(夏の思い出)

2017年09月15日

 雑草に覆われた中、薬草当帰はたくましく成長していました。その中に力強い当帰が見えたとき、うれしさを感じました。この無農薬の薬草が皆様の体の中に入り、温め血流をよくすると考えるとワクワクしてきます。雑草に負けないように当帰は自分を守る物質を多く作ります。この成分が多いほど漢方薬が良く効くんです。屋久・・・

・・・続きを読む

青虫との戦い

2017年08月17日

 毎年初夏から青虫の被害が増えてきます。薬草の当帰の葉っぱをすべて食べてしまうとても腹立たしい虫です。保護色で見逃してしまいがちですが、取り除かないと大変です。しかし、薬草の方もさらに上手で、すべて食べられても再び新しい葉っぱを伸ばしてきます。自然は実にたくましい。  このような、フィールドで無農・・・

・・・続きを読む

オケラの葉っぱ

2017年08月02日

この写真は、7月終わりに撮りました、ホソバオケラ〔生薬名;蒼朮(そうじゅつ)〕です。 オケラの根っこは長くまるでエイリアンの様です。この根っこで地中深くの水脈を探し、水分補給をしています。                           (おけらの根っこ) 蒼朮は、乾燥させ漢方薬の成分に・・・

・・・続きを読む

NEWSPAPER no180(むつごろう・むつみ新聞)

2017年07月19日

NEWSPAPER no180 (むつごろう・むつみ新聞)の内容 1. 漢方の効くメカニズム(大学の漢方講義を終えて) 2. 流石茶体験記 3. はこにわ庭薬草畑(当帰の花) 4. キウレイコン 5,INFORMATION (妊活スタートBooK掲載、NHK BSプレミヤム取材協・・・

・・・続きを読む

妊活スタ-トBOOK(主婦の友)掲載のお知らせ

2017年07月07日

 P44-45に妊活者のリアルレポートのコーナーに「授かりやすい体質づくりを」と題しまして掲載を頂きました。  この度のご相談の方は大変しっかりとした考えをもたれた方でした。多くの質問にハキハキ答えて頂き、状態をよく確認させていただけました。漢方薬は抑肝散を主に考えましたが、この漢方薬は、婦人科で・・・

・・・続きを読む

1 / 1512345...10...最後 »