西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

これなんだかわかりますか?牡丹の蕾です。ただ花の蕾ではありません。これが葉っぱになっていきます。


むつごろう新聞

トピックス情報

店先の駿府城外堀では、牡丹の花が終わり、芍薬が開花の準備に入りました。引き続きにぎやかになりそうです。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

不妊症(卵巣嚢腫)

31歳女性、身長163cm体重57kg。3年前に結婚したがなかなか子供ができない。病院では、右の卵巣に嚢腫(5cm)があるが、その他には問題がないという診断だった。顔色は、色白で悪く、いかにも冷えていそうな感じだった。ヨーグルトや果物を好み、夏はアイスクリームをよく食べる。

また、汗はあまりかかず、むくみやすくて便秘気味である。漢方薬は、からだの余分な水を出し、からだを温める当帰芍薬散を処方した。1ヶ月飲むと、お小水や大便が増え、むくみがとれて、からだが軽くなったと言われた。ひき続き2カ月3ヶ月と飲んでもらい4ヶ月目に無事妊娠された。

不妊症(子宮ポリープ)

35歳女性、身長158cm体重56kg。今までに妊娠はするものの、3度流産を繰り返す。いつも5~8週目あたりで流れるが、1度は心拍も確認できた。病院では、子宮の中に小さなポリープがあるので、それが原因ではないかと言われたが、できれば漢方薬でなんとかしたいということだった。

漢方では、子宮のポリープを”血毒”と考える。まずは、血毒を取り除く桂枝茯苓丸を処方した。すると、以前より便通がよくなり、生理の時に、黒っぽい血のかたまりが出たといわれたので、血毒が外へ出ていると判断し、漢方薬は桂枝茯苓丸をそのまま飲んでもらうことにした。約半年後、妊娠されたが、流産することなく無事出産された。

不妊症(無排卵)

30歳女性、身長154cm体重50kg。生理が始まった頃から、ほとんど自力で排卵したことが無く、病院で注射をして排卵させていた。結婚後も、病院に通い、クロミットを飲んだり、注射をしたりしたが、一向に妊娠できないので、漢方薬を試してみようと思ったという。体質的には、疲れやすく貧血気味で、乗り物酔いをしやすかった。

また、精神的にも不安定になりやすく、友人や姉妹が妊娠したというのを聞いたりすると、さらに不安感やあせり感が強まった。漢方薬は、お腹に力をつけて精神を安定させる当帰建中湯を処方した。そして出来れば、病院の薬を一時的に止めて、漢方薬だけでやってみることをお勧めした。

なぜならこの方はすぐ不安になるため、病院の薬に頼ってしまいやすく、自分で不妊症を治そうとする意欲が弱まっていると考えたからだ。ですのでこの方には、漢方薬と同時に、なわとびを500~1000回/日やるようにお勧めした。初めの3ヶ月ぐらいは良かったのだが、4,5ヶ月ぐらいすると、生理がまだ来ないことにあせりをかなり感じていた。

そしてまた病院へ行ったほうがいいのではないかと言ってこられた。だが私は、漢方薬は、体質が変わるのにだいたい最低半年はかかるので、もう少し頑張ってくださいと伝えた。すると、漢方薬を飲み始めて6ヶ月目に入ったころ、電話があり、体温が上がったとのことだった。そしてこれは後に、妊娠していることが分かった。自然妊娠だった。

不妊症(やせ型)

27歳女性、身長167cm体重49kg。3年前から病院で不妊症治療をしているが、なかなかできないので漢方薬で体質改善をしたいとご相談にみえられた。体質的には、かなりやせており、お腹が冷えているようだ。

また、お腹を直ぐに壊しやすく、病院の検査で、小さい子宮筋腫がたくさんあるとのことだった。子宮筋腫は、病院で手術し切除したのだが、なかなか赤ちゃんはできなかった。

漢方薬は、胃腸を丈夫にして、食べ物の消化吸収を助ける六君子湯(りっくんしとう)をお出しした。そうするとだんだん食欲が出てきて、お腹も丈夫になってきた。そして半年ぐらいすると、体重も53kgまで増え、漢方薬を飲み始めて1年がたったころ、無事自然妊娠された。

不妊症(男性不妊)

32歳男性、身長172cm体重70kg。病院で検査をすると、精子数が2300万/ml運動率が20%しかないといわれた。体質的には、下半身が疲れやすく、足の裏がほてる。夜間尿1~2回。漢方薬は、精を養うといわれる八味丸(はちみがん)を処方した。1ヶ月後、検査をすると、精子数4000万/ml運動率が40%まで上がっていた。身体の疲れも良いという。漢方薬は同じ物をさらに2カ月飲んでもらったら、次の検査で、精子数が5000万/ml運動率が70%と、さらに良くなっていた。また、夜間尿も0回になっていたので、漢方薬は、また同じ物を飲んでもらうことにした。すると、しばらくして「妊娠した」との御報告があった。

不妊症(流産癖)

38歳女性、身長152cm体重39kg。今までに、何度も妊娠はするものの、いつも5~6週目で流産するとのこと。病院で、いろんな薬を試したがなかなか上手くいかず、漢方薬で体質改善をしたいとのことだった。顔色は、貧血っぽく、疲れやすくて、下痢をしやすい。

また、果物やヨーグルト、パンを好み、油っこいもので胃がもたれる。まずこの方には、お腹に粘りをつける漢方薬(小建中湯)を処方した。すると、前よりお腹が温まりやすくなり、下痢をしなくなったという。漢方では、お腹が弱く、下痢しやすい人は、受精卵をお腹にとどめておく力も弱いと考える。ですので漢方薬は、ひき続き小建中湯をお出しした。すると、しばらくして妊娠されたが、流産することなく無事出産された。