西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

店先の「ヒバの木」です。この木から蝋燭ができます。冬に向けて油の補給に実を鳥が奪い合います。もうすぐ、静岡も寒くなります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

黄連(おうれん)の花が咲きました。

2016年02月19日

私たちの薬局では、生薬の質を重視しています。実は、漢方の師匠、田畑隆一郎先生から厳しく言われているからです。写真の黄連は、丹波地方の山に、職人たちが入って天然のものをとってきていただいているのです。仕入れ価格も10倍違うのですがとてもよく効きいてくれます。もう15年前からこの黄連を使っているのです。黄連は、漢方薬の黄連解毒湯や、黄連阿膠湯が有名です。皮膚病や、不眠症、自律神経失調症、高血圧などに使われています。本物の漢方をお客様にお出しすることは、師匠から学んだことなのです。