西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

よくあるご質問

よくあるご質問を集めました。

どれぐらい飲めば、結果が出ますか?

早い方でしたら、2ヶ月、かかる方は3年です。1年をひとつの目安としていただくことがよいと思います。

なかなか、そちらに行く時間がないのですが、メールや、電話での対応は、できますか?

できましたら、直接来ていただくこたが、一番ですが、お電話でのご相談もさせていただいております。服用していただきながら、お時間のあるときに一度御来店いただければ、嬉しく思います。
メールでのご相談は、まだしておりませんが、お時間のない方は、あらかじめ、ご様子をメールしていただき、後ほど、指定お時間の中で、こちらよりお電話いたします。

夫婦で一緒に服用したほうが、よいですか?

お二人で、力をあわせて頑張っていくという気持ちからも大切だと思います。ただ、私たちは、必要以外のものは、極力出したくありませんので、ご無理に飲んでいただくことはしておりません。

市販の漢方薬と、そちらの漢方薬の違いを教えてください。また、保険適用はできますか?

まず、保険適応は、できません。
漢方で、大切なのは、先ず’証’(しょう)をいかにあわせるかということです。また、季節が変わるように、身体も漢方を服用することで、変化してきます。その変化に合わせて、漢方薬も代える場合がございます。(随証治療 ずいしょうちりょう) 漢方の出し方、選び方が大きく違います。

次に、漢方の質です。もちろん市販の漢方もよいものですが、私たちの場合、自家製の無農薬、有機肥料のトウキ、シャクヤクをはじめ、(その時の収穫によって、足りなくなる場合がございます)、温経湯(うんけいとう)という漢方の主要成分のアキョウは、天然のろば産にこだわったり、オウレンは、越前産の天然ものといった具合に、コウイという飴は、漢方の原点どうり、もち米からのものにこだわっております。よって、その違いは、あると思います。

相談だけでもいいですか。

かまいません。また、不定期ですが、漢方の不妊症講演会もしておりますので、こちらのウエブサイトを、時々ご覧下さい。

相談時間は、何分かかりますか。

30-60分を見てください。また、予約制で行っていないため、立て込む場合もございますので、時間に余裕を持っていただきますと幸いです。