西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

話がおもしろく、例も交えていろいろなことを紹介して下さり、分かりやすかったです。特に印象に残っているのは、女性に関係がある瘀血による生理や冷えなどの問題です。瘀血は、体のめぐりが悪くなってしまうことでできてしまうため、気や血をめぐらすことが大切だと知りました。さらに、食事やストレスなど、ちょっとしたことでも、体に意外と大きな影響を与えることを知りました。甘い物などつい食べてしまったりするのですが、体を冷やしてしまうとは思っていたかったため、驚きました。私は、数年前から冷え症になってしまったため、これからは体を冷やす食べ物を少し意識して、なるべく体を温める食べ物を食べるようにしたいと思います。他には漢方と人との証が大切だということです。証が合うことで、西洋医学でも治せなかった病を治したり、不妊症も治療することができて、すごいと思います。漢方薬には、抽象的な概念があったり、客観的なデータが取れないなどのデメリットもありますが、正しい治療をすれば、素晴らしい効果を得られることが分かり、おもしろいと思いました。なぜ、そうなのかとか、どういう作用が具体的に体の中で働いているのかについて、知りたくなりました。それから漢方薬局や薬草園、生薬の基原植物についての話も興味深かったです。診察に来る患者の駐車場の停め方や体格で漢方の見当がついてしまったり、生薬を育てるのに非常に長い時間をかけなくてはいけなかったり、実際にやっているお話を聞くことで、よりリアルに身近に感じることができました。しかし、生薬の形からイメージをふくらませて、その効能を考えたりするのは難しかったです。いろいろな解釈もできるし、漢方にはいろいろなアプローチの仕方があって、さらに奥深いものだと思いました。私達にとってイメージを働かせて考えることは大切なことであると今回の講義でも思いましたし、他の機会にもそう教えられたことがあったと思い出したため、意識を向けていけたらいいなと思います。最後に、この講義を通して体のことや漢方のことについてよりくわしい内容を知ることができ、とてもよい経験になりました。また、漢方のおもしろさや奥深さについても少し知ることができ、よかったです。これからも興味をもって学んでいきたいと思います。