西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は今回、先生の実体験を交えたお話や生薬の畑の写真などを見せてもらうことで、漢方をより身近に感じることができました。中でも印象に残った実体験は、血液のガンの女性の話です。「証」が合えばどんな難しい病気でも治ることがあると聞いて、漢方には不思議な力があるのだなと思いました。また、「証」をどのように見極めているかという話はとてもおもしろく、漢方を処方する人は病気だけを診るのではなく、患者さん自身をよく知ろうとしなければいけないということを知りました。そして、生薬には色や形にその効果が示されているという話には、確かにそう見えるものもあって、生薬の外部形態を学ぶことが楽しみになりました。