西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

自分たちが実習で作った紫雲膏は、ひびやあかぎれ、痔などにとてもよく効くことがわかりました。自分で作った紫雲膏でも、ひびやにきびに効いてると感じているので、いつかむつごろう薬局で売っている紫雲膏を使ってみたいと思いました。また、桂枝茯苓丸を作りましたが、月経不順などの駆血薬としての効果だけではなくて骨折したときにも飲んだと聞いて、さまざまな効果があるのを知りました。多くの女性が月経痛で苦しんでいると思いますが、痛みをしずめるのにロキソニンなどを飲むよりも、漢方のほうが断然良いとおっしゃっていたので、月経痛を鎮める漢方に興味を持ちました。
漢方は証が合えばガンも治る!というのにとても驚きました。これからの医療にどんどん漢方をとり入れていってほしいです。鈴木先生が薬局でひまなときに見ているという、ベンツに乗ってくるいかついお客様には大柴胡湯(駐車するとき3台ぶんくらい使う)や
きっちり左右前後をそろえて駐車するゴージャスな婦人には柴胡桂枝乾姜湯を処方するという話がとてもおもしろかったです。車の駐車の仕方でもいろいろわかるんだと思いました。
先生自身が畑で植物を育てているのにも感心が持てました。そして講義での話し方がとても上手で、漢方っていいなと思える講義でした。ありがとうございました。