西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生は漢方薬と患者さんとの相性、つまり「証」の大切さについて教えてくださいました。多くの患者さんを診てきて、鈴木先生は患者さんの見た目や舌の様子だけではなく、患者さんの立ち方や、車の停め方、行動の仕方によってからも多くの情報をくみ取り、その患者さんに合った漢方薬を選ぶことを大事にされていました。
また「証」を確実に決定することで、その人の病気の治療率が上がるということを教えていただきました。
不妊症で悩んでいた患者さんが証に合った漢方を飲んだら妊娠してしまうというような驚くべきエピソードが多くあり、漢方にますます興味がでてきました。
また漢方は証に合わせることが出来れば多種多様な疾患に使うことができると学びました。
鈴木先生は自ら生薬の栽培もされており、大自然の中で生薬を育て、四季折々の植物の写真はとてもきれいでした。