西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

一番印象に残っていることは漢方は相性が大切ということです。今まで、薬について自分との相性などを考えたことがありませんでした。しかし、漢方は相性次第で、その人にとって素晴らしい薬にも、全く効果の出ない薬にもなるという話を聞いて、とても面白いなと思いました。また、同じ薬なのに、ある人はガンが治り、ある人は不妊病が治りと、多種多様な疾患に使用できるので、1つの概念に捉われず柔軟に対応できる力が求められるなとも思いました。その人に合っているかどうか確かめる方法は、望診、聞診、問診、切診の四診というものを使います。患者さんの体を見るだけでなく、立ちふるまいや声の大きさ、駐車場への車のとめ方などまで見て判断すると聞いて、面白いなと思いました。そこまで細かいところまで見るんだなと思い、そこまでしてくれると、信用できるし、安心して治療が受けることが出来るので、私もそういう風に出来るようになりたいです。