西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

漢方医学では「証」=相を把握する事が大切だと知った。患者さんと漢方薬の相性を判断し、正確に決定することで、病気が治ることがあるというのは驚きだった。悪性リンパ腫が無くなった、不妊治療をしていた患者さんに子供ができたなど、証が合えば劇的に効くということを学んだ。漢方は何種類もあり、その中から患者さんの証に合った漢方を選ぶことはとても大変で難しいことだと思った。証を知るには患者さんに対して四診をし、患者さんの話に耳を傾け、体質を知ることが大切だと思った。先生がおっしゃっていた、患者さんの話を聞き、気持を和らげてあげる。患者さんと真摯に向き合い漢方治療を行うことが大切だと知った。患者さんに対して漢方をすすめられる薬剤師になりたいと思う。