西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

何といっても駐車の仕方でどの漢方を処方するのかという話がおもしろかった。望診のおもしろさと大切さを具体的に知ることができたと思う。さらにこの講義では、漢方薬と患者さんの相性のことである「証」の大切さを学んだと思う。「証」さえ合えばガンでも漢方薬を用いて治せると聞いてすごくおどろいた。将来私も「証」を見極めることができるのだろうか。2年の春に初めて生薬を学び、そのころはただ漠然と漢方薬というものがあって、効能は何と何で…ということを覚えているだけだった。小池先生が同じ症状でも違う漢方薬を処方することがあるということを話していたのだが、当時の私にはピンと来なかった。そんな中、今回の講義を通して「証」というものが人それぞれにあるから、同じ病気でも違う処方をするのだということを知った。「証」を見極めるためには、日ごろから患者さんと接し、ちょっとした変化に気づけないといけないのかなと感じた。と共に、漢方薬への興味もすごく沸いた。薬学生の間に漢方薬についての知識をどんどん増やしていきたいと感じた。