西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

先生の講義を受けて婦人科疾患の漢方を考えるうえで瘀血に着目すること、また陰性瘀血と陽性瘀血に分類するのがポイントであることが分かり、そのためには四診や証が重要であることが分かりました。先生のお話していた駐車場での車の入れ方や薬局に来た時の姿勢や歩き方によって陰性と陽性を見分けることが出来るというお話などとても印象的で面白かったです。また陽性の食べ物や飲み物を摂ることが重要ということで、私も冷え症だったり、試験前になるといつも不正出血を起こしたりするので日々陽性の食事を摂るように心がけたいと思いました。最後に先生のいつも持ち歩いている手紙のお話を聴き、将来薬局に勤めたときなどただ医者の処方箋通りに薬を出すだけの薬剤師になるのではなく、患者さん1人1人の話を親身になって聴き患者さんの気持になって一緒に考えてあげられ、患者さんがこの薬剤師さんに話を聴いてもらいたいと思えるような薬剤師になろうと思いました。