西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

「婦人科疾患に用いる漢方」の講義は、自分にも直接関係する内容が多く、非常にためになった。特に、甘いものを食べすぎると女性ホルモンのバランスがくずれるという内容のところでは、思いあたるふしがあったので、気をつけなければと気が引き締まった。ただ、そのようなことが原因の一つとなって起こるような生理不順や月経過多症、子宮に膜症などといった婦人科疾患に対応できる漢方が40種類もあると知って是非とも試してみたいと思った。中でも温経湯の話を聞いて唇が渇きやすく体がほてり、おなかにガスが貯まりやすい私のためにあるような漢方だと運命を感じた。
またこの講義で印象に残ったのはやはり望聞問切、四診の話だ。具体例が非常に面白く(1)の漢方の講義とはまた違った視点から四診についてしることができてより理解が深まったように思う。